TalkEnglish Logo

英語の語彙

いったいどれだけの英単語を知っていなければいけないのでしょうか?これはとてもよくある質問で、これは、あなたの目標によって変わってきます。TalkEnglish.comはスピーキングに焦点を置いているので、このセクションでは、スピーキングで最もよく使われる言葉を使っています。

  1. 英語には、大きくいって10万ほどの単語家族があると言われています。
  2. 英語を第一言語とする人は、1万語(無教養)から2万語(教養あり)を知っていると言われています。
  3. ネイション教授は、人が読書を楽しむためには8,000語から9,000語を知っている必要があるということを発見しました。
  4. 継承言語学習者を研究することにより、受動的な単語家族2,500語と能動的な単語家族2,000語ほどの語彙力があれば、言語を流暢に話すことができるということが分かりました。
多くの人は、継承言語学習者とは何か知りません。例えば、メキシコからアメリカに5歳の時に移住してきた人がいたとします。この人は基本的なスペイン語は知っていて、5歳にしては流暢ですが、いずれは英語が主体となるでしょう。第一言語がスペイン語であるこの人は、実際には多くのスペイン語の単語は知らず、それを維持するにはスペイン語の勉強をしなくてはなりません。このような人たちは5年間スペイン語を話して育ってきたために、違うタイプの言語学習者となります。こういったタイプの人は、継承言語学習者とみなされます。

朗報です - もしあなたのゴールが英語を流暢に話すことであるなら、1万語も勉強する必要はありません。2,000語を知っていれば、そのゴールに向かって始めるのに十分です。


語彙を勉強する前に考えてみるべき別の事柄のリストを見てみましょう。
  1. 語彙を勉強する前に、単語家族の中の各単語の違いを理解しましょう。そうすることによって、言葉の使い方をもっと簡単に理解することができるようになります。単語家族とは、同じ土台からなる単語のグループのことです。例えば、active, actively, activities, そしてactivityはどれもみな同じ単語家族ということになります。
  2. 受動的な語彙と能動的な語彙には違いがあります。受動的な語彙は、情報を受け取る際の読み聞きに使われます。能動的な語彙は、書いたり話したりする、情報を与える際に使われます。読みにおいては、考える時間があります。流暢であることの定義はスムーズかつ容易に話すことなので、流暢になりたければ、考えている時間はありません。
  3. あなたの目標は、語彙知識の幅を広げるというよりは、語彙知識の深さを増やすことであるべきです。8,000語を知っている英語学習者はたくさんいますが、そういう人たちは一文も話すことができません。一方で、2,000語しか知らないけれど、流暢に喋れる人たちがいます。この違いは、どれだけ深く単語について知っているかです。ただ単に1万語を知っていても、話せることの助けにはなりません。代わりに、最初の2,000語を奥深く学ぶことに焦点を置きましょう。
  4. 語彙を学ぶ際に、母国語で意味を覚えるやり方は能率的ではありません。むしろ、語彙を増やすのには読書が最適な方法です。文章の中にある単語を見て、言葉を学びましょう。単語は辞書で探し出すことができますが、単語だけを勉強するのではなく、文章と一緒に単語を勉強しましょう。
下のリストにある単語は、全部で25万語以上もある対話の中から選び抜いたものです。上位2,000語に入っている単語は、1) The British National Corpusの上位3,000語、2) The Corpus of Contemporary American Englishの上位5,000語、そして 3) Longman Communicationの最頻出の話し言葉3000語に出てくる単語です。

もし、勉強すべき2,000語を選ぶとすれば、下のリストにあるものが最適です。リンクの横にある数字は、実際の数字です。

上位2000スピーキングで使われる英語語彙 (2265)

リスト内の2,265語の中で、合計1,867の単語家族がありました。

上位2000単語家族 (1867)

次は、単語の種類によって分類したものです。次のリスト内にあるすべての単語は、2,000語リストの中に入っています。合計数が2,000を超えるのは、多くの単語が名詞にも動詞にもなり得るためです。

最後に、語彙の勉強を始める前に、2,000語よりもっと多くの言葉を学ばないといけないことを心に留めておいてください。ただし、適度な深さで適切な2,000語を勉強することは、英語がもっと速く流暢になることに役立ちます。